地域おこし協力隊とは?

○地方自治体が、都市住民を受け入れ委嘱。地域おこし活動の支援や農林漁業の応援、住民の生活支援など「地域協力活動」に従事しながら、あわせて定住・定着を図り地域の活性化に貢献するという総務省の制度です。

詳細

地域おこし協力隊・集落支援員・復興支援員・外部専門家(総務省)

当方も3年の経験がある地域おこし協力隊、地域・自治体・協力隊の目指す所は、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に誘致、活用しながら地域・行政・協力隊のニーズをとらえ、相互にそれに応える事で地域力の維持・強化を図っていくという「三方よし」モデルを創る事です…「そう考えながら活動しましたがなかなか難しい」(^^)

地方創生総合戦略に地域おこし協力隊の大幅な増員も謳われている一方、多くの課題を抱えている地域があるのも事実です。協力隊関係者の皆様、協力隊という人材、制度を活かせるかどうかは関わる方の想いや価値観、成長などが決め手ではないでしょうか?

目指すべき理想的なビジョンは分かっていても現実はなかなか思うようには進まないものです。当方もそれは経験済みです。よって現在もまだまだ学びと相互の伴走型支援は続いておりますが、関わった人、コト、時間から得るものは「かけがえのない四次元情報」だと任期中、任期後も強く感じており、ひとりでも多くの地域おこし協力隊関係者にその経験や情報を最大限に活用してもらいたいと考えます。

また、「三方よし」モデルを創るにあたり足りないモノは外部人材を起用しながらや多様なネットワークを創り、それを活かしながら進める事をオススメします。活動任期や資金には限りがありますので、両者ともうまく使い有効的な活動を導き出すことが何よりです。

地域おこし協力隊の活動支援をしておりますので、お気軽にご相談ください。

◆合同会社 地域と協力の向こう側

 

これからも、地域おこし協力隊関係者が生む、地域の課題解決や活性から生じる変化、新たな地域での価値向上や転換、サービスの創造に貢献したいと思います。

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

画像の文字を入力して下さい
captcha