当方の住む岐阜県東濃地方、今年の旧暦の端午(菖蒲)の節句は6月20日です。

とみだ鯉のぼり会

「子どもの健やかな成長を願い、ゆっくりとお節句を楽しんでもらおう」と地元若者有志30代~40代で結成されている任意団体とNPOが共催で今年初めて行いました。そもそも何で「やろう」となったのか?ですが市内の別地域で飾らなくなった鯉のぼりがこの町内のどこかにしまってあるぞ情報が数年まえからあった。また、町内の別地域では古い町並みでお雛祭りを盛大に開催している、農村は力強い端午の節句だな!というところだと認識しています。

DSC02366

DSC02436

当方は、任意団体とNPOの両者とも関わりがありますのでどちらで参加というものも特になくとりあえずチャレンジ。皆さん初めてなので、知識なし、お金なし、連携力なし、目標と工夫力あり、でしたが農村に優雅な鯉が泳ぎ、小さなイベントもやり、約一ヶ月ほど賑やかになりました。

11149387_639797572820267_6553005091326266637_n

あたるかあたらないか分からないバットもとりあえず振ってみる、振りはじめてから皆で修正していく、閉塞感のある地方では今後もこんなスタンスが必要だと感じます。皆の実行力に拍手でした。

来年も菖蒲の葉がたくましく伸びるころ、第2回もあるかもしれません <・(((((><